しへいとかへいのおはなし

みじかなおかねのわだい


みなさんは、どれだけ知っていますか?

日本のお金の単位は、なぜ、「円」なのですか? 「¥」の由来(ゆらい)は何ですか?
江戸時代(えどじだい)の両(りょう金貨)、匁(もんめ・銀貨)、文(もん・銅貨)という複雑(ふくざつ)な通貨
単位(つうかたんい)から「円・銭(せん)厘(もう)」に切り替えられたのは、1871年(明治4年)のことです。
「円」の起源(きげん)は明白(めいはく)ではありません。
主なものに、
 (1)新しい貨幣(かへい)を鋳造(いぞう)するときにそれまでの方形から円形にしたことに関係してる
 (2)江戸時代から知識人の間で1両のことを1円と呼んでいた
 (3)大隈重信(おおくましげのぶ)が「親指と人差し指で丸を作れば、子供でもお金であることがわか
るのだから、新通貨単位(つうかたんい)は円がよい」と主張(しゅちょう)した、などがあります。
俗説(ぞくせつ)は、(3)のようです。

 円の金額表示(きんがくひょうじ)のはじめに用いられる「¥」の由来(ゆらい)ですが、「Y」に二本線
「=」を加えたもので、YはYENの頭文字(かしらもじ)であることは明らかです。
「YEN」の起源(きげん)については、俗説(ぞくせつ)では、「EN」を外国人が発音すると「エン」より「イン」
に近くなるため、子音(しおん)Yを付けて「YEN」としたといわれます。
わたしたちが、いつも使っているお金って、どこで作っているの?
千円札、五千円札、一万円札などの紙幣(しへい)=お札は大蔵省印刷局(おおくらしょういんさつきょく)
で作られています。お札の下の方に小さく「大蔵省印刷局製造」の文字が入っているでしょ?
お札は大蔵省印刷局の製品(せいひん)なのです。またお札は日本銀行券(にほんぎんこうけん)ともいわ
れ、日本銀行が発行(はっこう)しています。
では10円玉や100円玉などの硬貨(こうか)は、というと、それは大蔵省造幣局(おおくらしょうぞうへいきょく)
で作られているのです。こちらは政府(せいふ)が発行しています。

お札は、お札用の紙を作るのも、印刷するのも、すべて大蔵省の印刷局が行っています。日本銀行は、
日本銀行法第29条によりお札を発行する権利(けんり)を与えられており、印刷局からできあがった新しい
お札を受け取って、これを日本銀行の本店や地方の支店から世の中に払い出しているわけです。
日本のお金はなぜきれいなのですか? お札の寿命(じゅみょう)ってだいたい何年ぐらいなの?
海外の国と比較(ひかく)して、日本のお札がきれいということを実感(じっかん)しますね。 なぜかとい
うと、何よりもまず、私たち日本人がお金を大事に扱う習慣(しゅうかん)があるといわれています。また
金融機関(きんゆうきかん)やお金を発行する日銀が汚損(おそん)したお金を回収し、新札に入れ替え
ることで、流通(りゅうつう)するお金の品質維持(ひんしつほじ)に努めているからす。
皆さんの使ったお札全部について、真偽(しんぎ)や汚損度(おそんど)を検査(けんさ)し、再利用に耐
えられるもののみを還流(かんりゅう)させ、そうでないものは廃棄処理(はいきしょり)することにしてい
ます。廃棄処理(はいきしょり)する割合(わりあい)は、一万円札で1割、五千円札と千円札は5割ぐら
いとなっています。その結果、足らなくなる分は、新札が発行されます。

お札の平均的(へいきんてき)な寿命(じゆみょう)は、1万円札で3〜4年くらいです。
5千円札と千円札は、おつりなどのやり取りが多いこともあって、1年〜2年ぐらいです
お札は日本銀行から世の中に出て、めぐりめぐってまた日本銀行にもどってきます。
このとき、汚れ(よごれ)やキズがひどいお札を検査(けんさ)してとりのぞき、新しいお札
と替えるわけです。
 
貨幣(かへい)にはあるのに、お札にはなぜ年号(ねんごう)がないのですか?
一般的に言われている理由は、次のとおりです。
(1) 貨幣(かへい)の年銘は、金本位制度の時代に、その品位を明確にする狙いから刻印(こくいん)
されたもので現在もその慣行(かんこう)が続いているのに対して、お札にはその必要がないこと。
(2) 貨幣(かへい)は耐用年数(たいおうねんすう)が長い一方、お札は耐用年数が短く(一万円札で3〜
4年、五千円、千円札は1〜2年程度)、順次新札に切り替えられていくので、年号(ねんごう)を入れる
意味(いみ)が乏(とぼ)しいこと。
(3) お札には、記番号が印刷されており、これによって製造時期(せいぞうじき)がわかること。
 
貨幣(かへい)はなぜ丸いの? 表はどちらなの?
貨幣(かへい)の形は、江戸時代以前(えどじだいいぜん)は、楕円形(だえんけい)や四角形(しかっけい)
などいろいろな形が存在(そんざい)したのに、明治時代以降(めいじじだいいこう)に製造された貨幣は、
すべて円形となっています。これは、大隈重信(おおくましげのぶ)が「貨幣を円形に改めた方がよい」と
建議(けんぎ)し、政府(せいふ)の方針(ほうしん)として決定(けってい)したためです。そのときの理由
(りゆう)は、使用する際に便利(べんり)で摩損(まそん)が少ない、
というものでした。また、製造(せいぞう)するのにも円形の方が大量生産(たいりょうせいさん)するのに
好都合(こうつごう)であるため、今日では世界のほとんどの国で円形かそれに近い形になっています。
 貨幣の表裏(ひょうり)については、よく物議(ぶつぎ)をかもしますが、法律(ほうりつ)では明らかにして
いません。一般的(いっぱんてき)には、歴史的(れきしてき)な経緯(けいい)もあって年号が彫(ほ)られ
ている方側を「裏」、その反対側を「表」
と呼んでいます。明治4年の新貨条例(しんかじょうれい)で、龍
(りゅう)の図柄(ずがら)がある側を表と定め、年号は反対側に彫られたことがきっかけで、その後龍の
図柄(ずがら)がなくなり、この条例(じょうれい)も廃止(はいし)されていますが、年号の側を「裏」と呼称
(こしょう)するようになっています。
偽札(にせさつ)かなって思ったらどうしたらよいの? 使用したらどのような罰則(ばっそく)があるんですか?
法律(ほうりつ)は偽造券(ぎぞうけん)の製造・使用に広く罰則(ばっそく)を講(こう)じています。刑法
(けいほう)(第148〜153条)で偽造(ぎぞう)・変造(へんぞう)、偽造通貨(ぎぞうつうか)の使用、交付
(こうふ)・取得(しゅとく)を禁(きん)じているほか、「通貨及び証券模造取締法(しょうけんもぞうとりしま
りほう)」「紙幣類似証券取締法(しへいるいじしょうけんしりしまりほう)」で紛(まぎ)らわしい外観(がい
かん)や類似(るいじ)の機能(きのう)を有(ゆう)するものの発行や授受(じゅじゅ)を禁(きん)じています。
万一(まんいち)、手にしたお札が「偽札(にせさつ)かもしれない」と思ったら、金融機関(きんゆうきかん)
か警察(けいさつ)へ届(とど)けるとよいでしょう。偽札(にせさつ)の場合、本物とは交換(こうかん)でき
ませんが、警察から捜査協力費(きょうりょくそうさひ)が支払われることがあります。また、偽札(にせさつ)
とわかって使用すると、額面価格(がくめんかかく)の3倍以下の罰金(ばっきん)または科料(かりょう)を課
(か)せられます
偽札(にせさつ)はどのように見分(みわける)けるの?
次のような偽造防止策(ぎぞうぼうしさく)が講(こう)じられています。
(1) 鮮明(せんめい)な「すかし」で、光にすかしてみると肖像(しょうぞう)がくっきりと映(うつ)ります。
左下には、小さな円い形の点字用(てんじよう)のすかしがあり、目の不自由な人の識別(しきべつ)マーク
としても用(もち)いられています。
(2) 超細密画像(ちょうさいみつがぞう)を一万円札の福沢諭吉像(ふくざわゆきちぞう)の眼の部分に用いて
おり、1ミリの間隔(かんかく)に11本もの画線が描(えが)かれており、虫メガネでみると分かりますが、コピ
ーでは複写(ふくしゃ)できません。
マイクロ文字で「NIPPONGINKO」と書かれた部分もコピーでは複写(ふくしゃ)できません。(1993年12月から)
まちがって洗濯してぐしゃぐしゃになったお札や半分に切れてしまったお札は使えるの?
そのままでは使えません。でも銀行に持って行くと、きれいなお札に交換してくれます。ただし半分だけでは
だめです。
古いお札は、いまも使えるの?
現在(げんざい)発行されているお札は3種類(しゅるい)です。このほかにも発行が中止(ちゅうし)されているけ
れど、ちゃんと使えるお札が9種類あります。その中には聖徳太子(しょうとくたいし)の一万円札や五千円札
さらに一円札もあります。一円札はお札でも、買い物をするときには、お金としては一円玉といっしょのあつか
いになります。(一円札をお店にもっていったら、きっと銀行で今の一円玉に替えてくださいと言いますよ)
100円玉の表と裏はどっちがどっち?
100円玉には「100」がデザインされた面と、桜(さくら)の花が
デザインされた面があります。なんとなく「100」の面が表のよ
うな気がしますが、じつは桜の面が表(A)なのです。ちなみに、
500円玉には桐(きり)の花がデザインされています
いまのお札はいつから使われているの?
新しいデザインのお札になったのは、昭和59年(1984年)11月1日です。そのあと、平成5年(1993年)12月1日
に少し修正(しゅうせい)が加えられています。


紀平正幸 TOP 子どもとお金の教室 TOP

参考文献(「お金もの知り博士」 日本銀行券研究会著・岩手銀行Web資料・ ときわ総合サービス株式会社 出版)


Copyright © Tokyo FP Consulting., all rights reserved.